株式会社CNT BLOG

循環型社会を形成し自然環境を守る株式会社CNT

またまた記事になりました!

こんにちは。
豊かな水環境を守るCNTです


先日、日経新聞に私たちの会社が開発した装置が掲載されたのですが、
今度は、別の件で「月刊下水道」という雑誌に記事が掲載されました


月刊下水道①

月刊下水道②


環境事業部では、排水処理に関することだけではなく、
防災に関連した商品や技術の開発もしています。

近年、多発している自然災害により、ライフラインの重要さは非常に注目されています。
中でも「水」が最も重要であることは、皆さんも既にご承知だと思います。
その「水」を貯めておく大きいタンクを縦に埋設する工法で特許を取っています。
その工法が「月刊下水道」に掲載されているのです。
既に数ヶ所で施工済みで、今までも様々な記事が掲載されました。

いつの時代も「水」は大事です。
その「水」に携わる仕事をしている私たちは、この仕事に誇りを持っています。
その想いを大切にして、これからも様々な「水」事業に取り組んでいきます。

日経新聞に掲載されました!

こんにちは。
飲食店と水環境の味方、CNTです

さて、10日ほど前のことになりますが、
私たちの会社のことが、7月14日(金)の日経新聞に掲載されました
このブログ(7月3日更新分)でもお知らせした、
「移動式循環型し尿処理装置」開発での実験機のことが紹介されています。

日経新聞170714

現在も実験真っ最中で、雨の日も猛暑日も毎日、担当者がデータを取って、
設定の微調整や細かい改善に奮闘しています

この新聞記事を見ての問い合わせも何件かあり、
「新聞に載った」ことによる反響の大きさを肌で感じています
順調に進んでいると思いきや、突然不具合が起こったり、
毎日、一喜一憂している担当者を見て、実験が成功することを祈るばかりです。

来訪者

こんにちは。
飲食店や工場の排水処理に困っていませんか?
必ずお力になれるCNTです。


さて、先週は何とも不思議な「ある1日」がありました
「うどん排水処理で困っている」という問い合わせが1日に2件あったのですが、
今までは、ホームページを通じてメールが届いたり、
直接、事務所に電話がかかってくる、というのがほとんどなのですが、
あの日は少し違っていました
事務所の電話が鳴って話を聞いていると・・・
相手の方が「近くに居るから今から行く」と。

                      
事務所

                      

私たちの事務所は紙町にあるのですが、道路沿いで分かりやすい建物なので、
相手の方もすぐに場所が分かったらしく、本当に数分後に来てくれました。
事務所を直接訪ねて来られる方は今までいなかったので、お客様が帰った後、
「こんなこともあるんだねー」と話していると、また事務所の電話が・・・。
話していると、これまた「近くに居るので行っていいですか?」と。

               
資料
                
1人目の方と同様に資料を渡して、問い合わせに応対させていただきました。

「やっぱり、うどん排水で困っている人がいるんだなー」
「事務所の近くから2人も電話がかかってくるなんて、初めて」と、
事務所内がちょっとざわついた1日でした

電話でも、メールでも、突撃来訪でも、お問い合わせ絶賛受付中です。
お困りの方いらっしゃいましたら、遠慮なくお問い合わせ下さい。
よろしくお願いします!

ギャラリー
  • 「テンポス決算セール!絶賛実施中!第2弾!」
  • 「テンポス決算セール!絶賛実施中!」
  • 「テンポス決算セール!絶賛実施中!」
  • 「テンポス決算セール!絶賛実施中!」
  • 「テンポス決算セール!絶賛実施中!」
  • 「テンポス決算セール!絶賛実施中!」
  • 旅立ち・・・
  • 旅立ち・・・
  • ♪オ・ア・シ・ス♪