株式会社CNT BLOG

循環型社会を形成し自然環境を守る株式会社CNT

こんにちは。
飲食店のお助け隊、CNTです

何と工場&事務所に、飲料の自動販売機が設置されました

のどかな場所なので、歩いて行ける所にはコンビニやスーパーもなく、
全員家から水筒を持参したり、出勤途中でコンビニに寄ったり。
足りなくなった場合は、休憩時間に車を出して買い足しに行ったり
夏場は特に、製造スタッフはしんどい思いをしていたと思います

テンポスに自販機を置いている関係で、「工場にも!」となり、
いよいよ待ちに待った設置の瞬間が・・・

                
設置中①
                
設置中② (2)
                

ソワソワしながら仕事をしていると「完了しましたー」と呼ばれ、
確認しに行くと、まるで以前からそこにあったかのような・・・☆彡

                        
設置完了
                        

事務所の入口からみても、何の違和感もなく。
いよいよ会社らしくなってきちゃいました

外観


そして、夜になると明るく照明が・・・☆彡
夜

自販機の照明が点いていることなど、何も珍しくないはずなのに、
何故こんなにワクワクウキウキしてしまうのか・・・

車を出さずに飲み物が買えることに、スタッフも大喜びです
社長!ありがとうございました!

こんにちは
豊かな水環境を守るCNTで

ありがたいことに続々と受注をいただいて、
せっせと製造に励んでいる毎日です

直径2.5m、高さ4.6mのタンクが出来上がったは良いものの、
底から配管が出ている為、そのまま地面には立てられない
いつもの厘木だけでは高さが足らず、水張り試験に突入出来ない
というわけで、立派な神棚を作ってもらった大工さんの出番です

                             
格子
                             

重さ1.4トン+水張り用の水に耐えてもらわないとけないので、
釘やネジを使わず格子状に組み立てて強度を持たせ、それを更に2段に。
細かい部分に職人技がキラリと光ります
                            
ミノ彫り
                           

2段にした状態で、配管を逃がす為の空間を作って仕上げたら・・・
                       
タンク
                       
なんとまぁ!しっかりと、そして、しっくりと良い感じに立てられたもんです!
悩みの種だった配管も、きれいに逃げています
                                
配管
                                

今回の製作に関しては、初めての作業工程も多く、
悪戦苦闘した場面もありましたが、スタッフが協力して知恵を出し合いました
ひと回りもふた回りも腕を上げた彼らの更なる成長に期待しています


こんにちは
飲食店のお助け隊、CNTです

ようやく、事務所の改修も終わり、快適快適
と思いきや・・・
少し前から事務所横の倉庫ではハトの出入りが激しくなって、
「最近、妙に多いなぁ・・・」と思っていたら、何と・・・

その倉庫の壁が「ようこそいらっしゃい」と言わんばかりに、
トタンが破れてヒラヒラしているではありませんか!!
ハトが入り込むには丁度良い高さらしく、我が物顔で出入りしています・・・

「これではイカン!」と、また大家さんが奮起してくれて、
早速、業者さんを手配して直してくれました!一部だけピカピカです

                          
壁修理
                          
修理完了
                          

壁をキレイに直してくれた後、ハトの巣撤去もお願いしました。
今まで何羽のヒナが巣立って行ったのでしょう

作業していたので親ハトは近くにいませんでしたが、残されたヒナ2匹を保護しました
.............................................
ハト
.............................................

従業員が「飛べるようになるまで保護します」と連れて帰りました。
だいぶ大きくなっていたので、1週間もすれば自然に帰れそうです

そして、大型工場にもハトが出入りしているので
出入り口を塞ぐ見積もお願いしました。
高所作業車のカゴがグングン伸びて、あっという間に屋上まで
                  
高所車
                  

そして、20ヶ所以上の出入り口があったと報告を受け、
スタッフ一同、げんなりしているところです
どうしたものか・・・


このページのトップヘ