株式会社CNT BLOG

循環型社会を形成し自然環境を守る株式会社CNT

2019年04月

こんにちは
飲食店のお助け隊、CNTです

私たち環境事業部は、防災への取り組みにも力を入れています
以前に何度かご紹介した「大地くん」も、その一環です
第2弾として、現在進行中なのは・・・

「地上の災害から大事な物を守る為には」という課題から、
「地下を有効活用してみようじゃないか」ということで、
去年、まずはサンプル品として製作した、FRP製の倉庫

地下備蓄倉庫③


先日、底に床材を張り、倉庫らしく仕上げました。

  . . .   . . .   . . .   . . .   . . .   . . .
入口床


  . . .   . . .   . . .   . . .   . . .   . . .

実際に、地下に埋めてみての実証実験を開始することにしました。
「穴を掘る」→「みんながスコップ持って・・・」と、
ガテン系を想像していましたが、そんなはずはなく
業者さんを呼んで、ユンボであっという間に1.5m近くの穴が

  . .    . .    . .    . .    . .   . .    . . 
穴掘り
  . .    . .    . .    . .    . .   . .    . . 

先週の作業はここまでで、今週、いよいよ埋める作業に入ります。
埋め終えた状況は、来週に「後編」としてお伝え出来ると思います。
乞うご期待

こんにちは
豊かな水環境を守る、CNTです

以前から何度も話題にしていますが、さぬき市の工場には、
本当にたくさんのハトが出入りしておりまして・・・

羽や糞の被害に頭を悩ませており、何とかならないものかと、
スタッフ全員で知恵を絞り、色々な対策を施しています

驚かせて外に追い出したり、外からの侵入を防ぐ為に、出入口であろう場所を塞いだり、
落ちて来たヒナをそのままにしておくわけにもいかないので、
保護しなければいけないハメになり、飛べるようになるまで従業員が面倒見たり
何もココでなくても、もっと安泰に暮らせる場所があるだろうに・・・と、
日々、ハトとの奮闘を繰り返しています

先日、開けっ放しにしたシャッターからハトが入り込んでしまい、
何とか追い出した後、再び入ってこないように、防鳥ネットをつけました。

ネット

「シャッターを閉めれば良いのでは?」と思うかも知れませんが、
この内側で作業をする際には、暑くなり、開けておかないと大変なことに・・・
このネット、糸が細いので遠目には網が見えず、うっかり通ろうとすると、
人間さえも捕まってしまうので、注意喚起の札も付けています
ハト自体は、注意してくれそうにないですけど・・・

ネットをつけた翌日、下を少しだけ開けて空気の入れ替えをしていました。
ふと用事があって横を通ると、バサバサと物音が・・・
ハトが捕まっていました

ハト捕獲

慌てて男性従業員を呼んできて、外してもらっていると、
何と内側から絡まっているようで、入り込んでいたハトは2羽だったのです
1羽を追い出して「やれやれ」と思っていた頃、実はもっと奥に逃げ込み、
私たちの目に触れないように数日間、息を潜めていたと思われます。

無事に網からキレイに外すことが出来、そっと大空へ放鳥
これに懲りて、もう近付いてこなければ、私たちもハトもスッキリするのですが、
なかなかそうもいかず、今日も工場の上を元気に飛び回っています

これからも闘いは続きます

こんにちは
豊かな水環境を応援するCNTです

さて今日は、ちょっとほっこりする話題を・・・

テンポス徳島店の若手ホープ25才、入社してもうすぐ丸1年
愛されキャラ店長の下で、毎日の業務を頑張っているのですが、
実は彼、車の免許はAT限定しか持っていませんでした

しかし、私たちの会社の車のほとんどはMT仕様になっており、
特に徳島店はトラック2台ともMT仕様で、彼は運転出来ないのです
業務に支障も出て来て「先輩たちにも迷惑かけているのは嫌だ」と一念発起し、
昨年の年末から限定解除の講習に通い始め、先日、MT免許を取得しました

そして先週、チラシ配りの為に、初めて業務での路上デビューを果たしました!
「緊張するだろうけど、経験を積むのも試練だ!」と社長が彼を鼓舞し、
助手席に乗った社長の命も預かり、出発進行です

出発進行

初運転


道中は、30回ほどのエンスト 坂道発進出来ない  バックが出来ない など

2時間半後帰ってきた社長はちょっとグッタリしていて、「死ぬかと思った」と・・・。
彼だけでなく、実は、社長にも試練だったようです

これからはいくらでもトラックを運転する機会があります。
無事故無違反を心掛けて、運転技術もどんどん上がることを祈っています

こんにちは
飲食店のお助け隊、CNTです

4/7(日)、毎年恒例の「経営計画発表会」がありました
いつも高松テルサで会議室を借りていたのですが、
3/31で閉館した為、今年は、ちょっと奮発してサンメッセ香川で行いました

             
会議室
             

従業員みんなの集合時間より早く会場入りし、
ギリギリまでせっせと作った資料や飲み物をセッティング
照明も何だか立派で、「THE!会議」っぽくなりました
部屋の外には、名札も用意してもらいました。

             
名札
             

全員が呪文(?笑)のように暗記している経営理念の唱和から始まり、
各部署の長が前期の反省と今期の意気込みを発表した後は、
個人目標を書いて、1人ずつ決意表明
そして、社長賞の発表と授与
2年前から社長賞を狙っていた従業員も表彰され、
「ウソーやったー」と漫画みたいにすごく喜んでいました
他にも1部署と3名が表彰されました

社長賞

社長のネーミングセンスに賛否両論はあったものの
表彰されると、みんなやっぱり嬉しいものです
来年はどんな社長賞があるのかなー・・・。
最後は建物の前で集合写真をパチリ

              
集合
              

よく晴れた暖かい日で、春休み最後の花見に出かけた方も多かったと思います

私たちが決意を新たに新年度を始めるには、ピッタリの気候でした

今日から気を引き締めて、皆さん頑張りましょう

こんにちは
豊かな水環境を守る、CNTです

今日から新年度、新元号【令和】も発表されて心機一転気も引き締まります

工場も、つい一昨日までは年度末らしくバタバタしていたのですが、
今日は一息ついて通常運転です

先月の環境事業部は出張も非常に多く、入れ替わり立ち代わり、
誰かが県外に行っていました
高知県・徳島県・熊本県・愛知県・静岡県・東京都・・・。
さすがに、みんなグッタリしていました・・・

そして、去年の夏から話が上がっていた案件が、今年に入ってようやく形となり、
あれよあれよと図面があがったと思いきや、すぐさま製造に取り掛かり、
先月末、設置工事も完了しました

愛知県の企業「Gテクノ」様と徳島県の企業「阿波製紙」様と共同で、
開発した「独立循環処理装置」で、まずは実験段階です。
トイレの排水をキレイに処理して、循環させ再利用することで、
汲み取りが不便な場所や排水の放流先が無い場所でも、
仮設トイレを設置出来るようになります

電源はソーラーなので、電気がきていない場所でも問題ありません
                                  
全景
                                  
トイレ
                                  

向かって左端のグレーのBOXが仮設トイレです。
その排水が右隣の白いBOXの処理装置に送られてキレイになり、
またトイレに戻されて、洗浄水として再利用される仕組みです。
トイレに戻しきれずに余った水は、その隣のソーラーパネルの下にある
花壇から蒸発散されます

 . .  . .  . .  . .  . .  . .  . .  . .  . .  . .  . .

花壇
 . .  . .  . .  . .  . .  . .  . .  . .  . .  . .  . .


この実験の成功を3社共に祈って、次に繋げたいと思います



このページのトップヘ