株式会社CNT BLOG

循環型社会を形成し自然環境を守る株式会社CNT

防災

雷落ちました!!

こんにちは。
排水処理の「困った!」を解決するCNTです

今週月曜日の天気、凄かったですね
皆さんの地域はどうでしたか?

このブログを発信している高松市紙町では、落雷による停電が発生しました。
午後から急に空が暗くなり、遠くで雷がゴロゴロ鳴っているのが聞こえ始め、
も降ってきたなー・・・と思ったら、突然、ピカッ!バリバリ!
「近いよ!近いよ!」と騒いでいたら、事務所内が暗くなりました。
窓から光は入るものの、薄暗いので、仕事にもならず・・・
それでも外は雷がバリバリと落ちているので、何だか怖いし。
そんな状態が何と1時間半も続きました

こんなに長い急な停電は経験したことがないので、正直、戸惑いました。
私たちは、ライフラインが止まってしまった避難所向けの防災用品を販売していますが、
実際に、避難所体験をしたことがないので、まだ想像が足りていないのかも知れません。
1時間半の停電とは比にならないぐらい、不便と不安と恐怖を感じるんだと思います。

今回のような体験を活かして、皆さんのお役に立てて喜ばれる商品開発を目指します

東京出張、おのぼりさん♪

こんにちは
飲食店のお助け隊、CNTです

今回は、環境事業部期待のエースが展示会の助っ人として、
東京に出張に行ったお話です
ここ数週間、記事掲載ラッシュで、すっかり発信が遅くなりました

東京ビッグサイトで、防災関連の展示会があり、
高知県の企業と共同で開発した「大地くん」の展示説明会でした。



東京ビッグサイト



大地くん



災害時の「トイレに困った!」を解決出来る、埋設型収納槽で、
普段は、分解した仮設トイレや備蓄品や食糧品を収納する倉庫として活用。
災害時にトイレとして使用する時には、中の物を全て取り出し、
仮設トイレを組み立てて槽の上に設置すれば、大容量の便槽に早変わり!
500人が30日使えるトイレとなります。
災害時は、ライフラインも機能しなくなり、断水の可能性も考えられます。
一番に困るのはトイレで、今までも各地の避難所の問題点として、
災害が起こる度に、新聞やニュースで「困った!」を目にします。
その問題が解決出来る商品なのです。

展示会で汗を流した後は、おのぼりさんの象徴として、東京タワーをパチリ。
夕日が沈みかける寸前で、幻想的な写真が撮れました。


東京タワー


またまた記事になりました!

こんにちは。
豊かな水環境を守るCNTです


先日、日経新聞に私たちの会社が開発した装置が掲載されたのですが、
今度は、別の件で「月刊下水道」という雑誌に記事が掲載されました


月刊下水道①

月刊下水道②


環境事業部では、排水処理に関することだけではなく、
防災に関連した商品や技術の開発もしています。

近年、多発している自然災害により、ライフラインの重要さは非常に注目されています。
中でも「水」が最も重要であることは、皆さんも既にご承知だと思います。
その「水」を貯めておく大きいタンクを縦に埋設する工法で特許を取っています。
その工法が「月刊下水道」に掲載されているのです。
既に数ヶ所で施工済みで、今までも様々な記事が掲載されました。

いつの時代も「水」は大事です。
その「水」に携わる仕事をしている私たちは、この仕事に誇りを持っています。
その想いを大切にして、これからも様々な「水」事業に取り組んでいきます。

ギャラリー
  • なぜ、こんな場所に?
  • おかげさまで一周年☆彡
  • おかげさまで一周年☆彡
  • おかげさまで一周年☆彡
  • おかげさまで一周年☆彡
  • 猛アピール中!!
  • 猛アピール中!!
  • テンポス絶賛求人中!
  • テンポス絶賛求人中!